人生を変えたい気持ちに余裕をもつため日本の建築物を見てまわった

人生を変えたい気持ちに余裕をもつために、
日本の建築物を見てまわると、新たな世界観が芽生えてきました。
最初には、1932年に竣工した十三大橋を見に行きましたが、
トラス構造を併せ持ったアーチが美しく、設計者の増田淳の魅力を実感できました。
次には1958年に竣工した東京タワーを鑑賞してみましたが、
こちらも強固なトラス構造が魅力的で、支持層の東京礫層によって
しっかりと支えられていることが分かったのです。
最後には建築家の辰野金吾によって設計された東京駅丸の内駅舎を見てまわりましたが、
この建築物はレンガと花崗岩の対比が美しいものでした。
実際に見た建築物は、時代を越えて愛されるものばかりで、
人々にインスピレーションを与えてくれることは魅力的です。