イスをたくさんレンタルして日本の建築物を旅行者に座って見てもらう

日本の建築物を国内外の観光客にアピールしたいと考える自治体は多く、
古民家や歴史的な建物などがさかんに紹介されています。
ただ、日本の建築物は畳や縁側に直接座るように作られているので、
イスに座る文化圏の方にとっては不便な場合があります。
また足腰の弱い高齢者など、バリアフリーの側面からもイスは欠かせません。
もちろん伝統的な建物にソファやベンチの類は設置されていませんから、
ゆっくりと建築物を見てもらうには、たくさんのイスをレンタルして設置しなくてはいけないでしょう。
同時に和の景観を損なわないように、建物の雰囲気とマッチするデザインを選ぶことを忘れてはいけません。
観光客が気分良く日本の伝統的な建物を見て回れるように沢山の工夫が必要です。